クレジットカードの発祥はアメリカで1950年と言われています。一方日本で初めてクレジットカードが発行されたのは丸井のカードで1960年で す。その間10年の開きがありますが、普及してきた経緯も違い、クレジットカードに対する考え方や支払方法も大きく違っています。こういった違いを理解しておくことは海外旅行などでも役に立ちます。

日本のクレジットカードは基本的にクレジットカード会社が国内ブランドを持って、加盟店を開拓しているため、利用できる加盟店はクレジットカード会 社によって違います。そのため海外ブランドを持たないクレジットカード会社は国際ブランドと提携して海外でも利用できる国際カードを発行することになりま す。アメリカでは国内・海外という区別をするのではなくそのブランドがどこで使えるかというグローバルな見方をします。アメリカのブランドはほとんどが海 外でも利用できるためそういった感覚はないのです。

ここではアメリカと日本でのクレジットカードに対する考え方や利用方法の違いを解説しています。雑学として、あるいは海外旅行のための知識として活用してください。

【相互リンク集】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65

コメントは受け付けていません。